So-net無料ブログ作成

明日29日は元祭日。 [思い]

こんにちは。












ヒーローズおかやまです。











明日から5月連休。
弊塾では来週月曜の1日のみ4月第4週目ということで通常授業を行います。



ただし、世間は休み模様。
企業によっては平日の1,2日を代休として9連休の企業も多いです。
よって、休みを希望する生徒さんもチラホラ・・・・。







さて、
明日は29日は「昭和の日」です。
昭和の日の前はみどりの日と呼ばれていました。

では「みどりの日」の前は?

「天皇誕生日」です。
天皇と言っても今の天皇ではなく、昭和天皇です。








私の世代では4月29日と言えば天皇誕生日でした。
意味もなく小学生の時に擦り込まれていたので、今では昭和の日は昭和天皇と結びつきます。

でも二つ世代前では「天長節」でした。





ほかにも春季皇霊祭が春分の日。
秋季皇霊祭が秋分の日。
紀元節が建国記念の日。
明治節が文化の日。
新嘗祭が勤労感謝の日。



そもそも戦前の祝日は天皇の祭祀を行う日である「祭日」でした。
これは全て天皇へ結びつく日本の神話が前提にあります。




紀元節で言えば、7月4日のアメリカの独立記念日のようなもの。
日本では初代の神武天皇が即位した日です。



全ての変更は戦後の連合国軍総司令部(GHQ)によるものです。
天皇の神格化が、戦争に繋がり、国家神道を否定したからです。






日本は2600年の歴史があると言われています。
神話と歴史の混同はまずいですが、どの国も神話があります。








社会は覚えるだけ・・・なんて指導する先生がたまにいらっしゃいます。
そんな話を聞くと????となります。

このような土台の知識があるからこそ、覚えやすくなり、受験社会では覚えるだけ・・でいいのです。
そして、将来の教養が身につきます。




今日も成長ある1日でありますように。

心の声。 [思い]

こんにちは。










ヒーローズおかやまです。







今日のS尾中の生徒さんはみんな疲れていました。
明日は早くも体育祭。
本日は予行演習だっらしく、みんなぐったり。




『練習しても、うまくいかんじゃろ。』とある生徒さん。







よく心の声と言われます。
口では頑張ってやるぞ、と言ってもどこかで、どうせうまくいかない、と思っている自分がいる。








顕在意識と潜在意識として説明されることもあります。
人間は意識と無意識に分けられ、我々、日常では当然に顕在意識のほう。

ようは、普段、意識することのできる意識。
論理的な思考や理性、知性、意思など判断力などを指します。

実はこれは脳科学的には3〜5%くらいの領域とのこと。



では残りは、無意識なものです。
つまり、潜在意識。

普段意識することのできない意識で、感情や感覚。直感や記憶や想像力などです。
今までの考えや心構え、経験したこと、聴いたこと、観察したこと、受けた印象などが刷り込まれ、それらが素になる意識です。

だいだい3〜10歳に擦り込まれるそうです。

そして、それが心の声となる。





この無意識の心の声を意識する方法が一つだけあるそうです。

それは『書くこと。』
つまり、文章にすること、です。






文章にして、自分自身を書いてみる。

僕は○○大学、○○高校、○○中学に行ける、行けない。






まずは、本当の自分に身をゆだねてみることも必要かなと思いました。
今日の生徒さんの疲れ切った表情をみて・・・。


今日も成長ある1日でありますように。







浅瀬には深みを用意する。 [思い]

こんにちは。









ヒーローズおかやまです。








T陽中の中1は明日から1泊2日の研修。
S尾中は体育祭りの予行演習。
まあ、なにかと5月連休前後は行事が多いです。

よって、学校授業は進みませんので、塾では先行して進むことになります。








どんどん・・・先取りで進む。
うん、調子がいいね。






実はこれは効率の悪い勉強法です。








とくに数学は中学生は計算分野。
計算はある意味、作業ですからある種『コツ』を掴めば、どんどん進めます。




だだし、ここで落とし穴。
結局、先、先進むと学校で実際に学習するときに忘れています。





早く・・・浅く、だからです。







先取り単元はすいすい、いくと指導する方も生徒さんもとても気持ちいい。
楽です。









ここで早すぎず、浅すぎず、です。
それぞれの単元で少し難度のある箇所を用意します。


難しい問題で四苦八苦させます。
そんな問題がある単元をは、忘れ難いです。

適度に難しい問題にも取り組みながら、印象付けながら勉強を進めていく。
これが理想です。






あえて先取り学習は、浅瀬に深みを用意させる。








今日も成長ある1日でありますように。

脳の機能。 [思い]

こんにちは。










ヒーローズおかやまです。





最近は・・・ぱなしの人が多い、そうです。
置きっぱなし。
やりっぱなし。
開けっぱなし。
付けっぱなし。


私などは、やりっぱなしでよく家では怒られます。







生徒さんに置き換えると、問題をやりっぱなし。
確認をしない。

そのままの状態。



人間は24時間過ぎると74%は忘れるらしい。(エビデンスの忘却曲線)







この事実を、仕方がない、と思うか・・・そりゃ大変だ、対応をしないと、と考えるかです。

脳は生命に必要な、つまり生存にかかわることは忘れない。
関係ないこと、優先順位の低いことは『忘れる。』ということも大事な機能らしいです。
例えば、傘。
行きは雨だったが、帰りは晴れていたら、傘はよく忘れます。





この場合は置きっぱなし。







実は、これも脳の大事な機能。
晴れているので、傘は必要がない。
つまり、優先順位は非常に低いわけです。





勉強も優先順位が低いと脳が『忘れる。』という機能を最大限、発揮する。







なぜ勉強するのか?
次のテストで目標点をとるため。
なぜ、目標点のクリアが必要なのか?
志望校に合格するため。
なぜ志望校に入る必要があるのか?
○○大学に行ける可能性が高いため。

優先順位を上げていくことです。


今日も成長ある1日でありますように。







お土産ありがとう。 [思い]

こんにちは。










ヒーローズおかやまです。








今日は、午前中は雲一つないいい天気です。
世間は今週末からの5月連休で浮かれた気分ですね。
オンとオフ。
飴と鞭。
世の中は全ては表裏一体です。
日頃、頑張っている生徒さんはここでしっかりとリラックスしてほしいものです。


リラックスとまでも言えないですが修学旅行も、ある意味、学校でのリラックスかもしれません。
T陽中が先週21日から、早くも沖縄へ修学旅行。
今日、お土産を頂きました。

心遣い、ありがたいですね。

DSC_0374.JPG





沖縄で民泊もしたらしく、国際通りをはじめ、首里城はひめゆりの塔など散策したそうです。
沖縄の歴史を学べたでしょうか?





さて、もうすぐ5月連休。
弊塾も本日、5月連休の宿題をまとめました。

今年は1、2日の平日を挟むむと 「9連休」です。
この9日間をどう過ごすかがポイントです。

成績がいい生徒さんとは、お休みの使い方がぶれない、というものです。
通常、学校だと5時限として、おおざっぱに1日5時間の学習時間。


仮に1日5時間を平日2日を除いて7時間のお休みとすると35時間の勉強時間となる。
自由に使える35時間です。
これは大きい。





いかに学習時間を確保するか?
ここで学習時間を確保できた生徒さんと差がついていきます。





今日も成長ある1日でありますように。

中学受検適性模試。 [思い]

こんにちは。






ヒーローズおかやまです。







本日は、16時15分〜18時まで第1回適性公開模試。
小5生と小6生の中学受検組みが試験に挑みました。
とくに小6生5名は真剣そのもの。

小さい弊塾なので、各校定員は5名。
妹尾はちょうど5名で本年度受検に挑みます。




指導するほうから見ると、この5人を荒波の大海に飛び込まさせるような気持ちです。







生徒さんには相当な負荷がかかります。
だからこそ、ご家庭での暖かい支えが必要です。








おおざっぱに言うと小1から5までの基礎が理解している前提で、小6から中2までの勉強をこのわずか10ケ月で、詰め込むようなイメージ。
とくに理社に至っては、公立高校入試レベルでしょう。









さあ、いくぞ!
今日も成長ある1日でありますように。

夜空を見てこい! [思い]

こんにちは。










ヒーローズおかやまです。







今日は元気な中2生たち。
数学を4人グループ授業です。

最初に前回単元の小テスト。
多項式の計算問題です。

うーん、みんな分子に2つ以上の項がある式に大苦戦です。




正解になるまで、何度もやらせます。
途中までしかヒントは言いません。
ツールは程遠いですが、形だけは公文式です。





数字が乱れてきました。
イライラ・・・イライラ。







『夜空を見てこい!』・・っと言って一人を外に行かせました。






素直に従います。








10分程度たって、スッキリした顔で戻ってきました。

その間、ノートに途中式を途中まで書いてあげました。
そのあとから、数字もしかっり書けていたようです。







昔、ある上司に言われたことがあります。

数字がとれない・・・最悪。
今日は帰れない。
気分が滅入る。
焦る。





いきなり、
『空を見ろ!』と言われました。
きれいな雲一つない青空です。
場所は忘れもしません。
東京読売ランド。

気分がすっきしてリセットできた思い出があります。

今日も成長ある1日でありますように。






宿題の意味。 [思い]

こんにちは。











ヒーローズおかやまです。








昨日、5月GWの宿題について、記しました。

今日は宿題について、記したいと思います。
そもそも、宿題とは?




塾では3つあると思います。

1つは、本日、入力した情報の整理として『まとめさせる。』、知識整理。
2つ目は、整理した情報を実際に問題にして解けるか?つまり、定着演習。
最後は、予習ですすめたいために理解できている、と判断した単元は飛ばしています。
その飛ばした部分をさせる、つまり、自習。



まとめると、
知識定着、定着演習、自習。






宿題は生徒さんと思うもの、我々が考える目的が一致させることが大切。







つまり、『はい、これ宿題ね。』ではなく、必ず、宿題を出す目的をきちんと理解させることが必要です。








はい、宿題・・・では、一般的に生徒さんはどうでしょうか?
苦行です。


結局、作業になってしまい、いかに早く終わらせるかになってしまいます。

きちんと目的を伝えていくようにしています。








で、3つのうちで、一番多いのは、もちろん、定着を目的とした演習です。
今日も成長ある1日でありますように。





打ち合わせ。 [思い]

こんにちは。









ヒーローズおかやまです。








今日は整理整頓の話・・・。

本日は塾内で打ち合わせをしました。
5月連休中の宿題について。





弊塾では、5月1日〜7日までは通常授業はありません。
その間の課題について。

5月の末ごろに最初の定期テスト(中間考査)があるのは弊塾の生徒さんでは公立中では5校だけ。
吉備中、東陽中、多津美中、天城中、大安寺中等。

他の中学は7月上旬まで、『定期テスト』がないわけです。

よって、英数に限り中学生には課題を出すことに。







侃々諤々・・・・。









今ある、教材の○ペーじから○ページまで?
いや、新たな”モノ”として渡すべき?
プリントだと失くしてしまう?
では、ファイルリーダーを購入する?
もう製造中止している。




最終結論としては、問題を作成し、ホッチキスで止め、紛失しなように黄色のコピー用紙で!







なぜ、ここまで議論になるのか?
結局は整理整頓のバラツキですね。整理整頓ができている生徒さんは○ページから○ページでいい。
付箋をつけてそれで終わり。


現実はそうはいかない。
付箋が取れた・・・・。
どのページが忘れた。
ページに○をつけても連休の課題がどうか、わからなくなった。


やれなかった言い訳が目に浮かびます。






今年はどうかな?
今日も成長ある1日でありますように。













学力調査テスト、お疲れ様です。 [思い]

こんにちは。







ヒーローズおかやまです。







中学生は今週から授業をスタートしています。
公立中学はまだ、進んでいないようです。


テスト・テスト・テストのオンパレード。
今日は全国学力テスト。
さらに岡山県は県独自のテストも。

↓山陽新聞より。

全国学力テストは18日、岡山県内では国公私立554校の小学6年、中学3年を対象に行われ、約3万4千人が国語、算数(数学)の2教科4科目に臨んだ。
全国学力テストに合わせ、前回まで県教委が全県統一で導入していた独自テストは今回、県教委と岡山市教委に分かれて初めて実施された。

全国学力テストの都道府県別順位で岡山県は2016年度、小6が25位、中3が41位。
県は17年度からの県政中期行動計画で従来と同様、小中とも「全国10位以内」とする目標を掲げており、結果が注目される。

中1を対象に実施してきた独自テストを巡り、県教委は17年度から方式を一新し、小3〜5年と中1、2年を対象に、民間企業が全国展開するテストを導入した。
岡山市立を除く公立423校約5万2800人が国語と算数(数学)に挑み、中2のみ英語も受けた。

単独では初めての本格実施となる岡山市教委の独自テストは、市内の児童生徒に共通する課題を把握し、授業改善などに役立てる狙い。市立の小4、5年と中1、2年を対象とし、小学校は89校約1万2800人が4教科(国語、算数、理科、社会)に、中学校は38校約1万1900人が5教科(国語、数学、理科、社会、英語)に臨んだ。





結果はなんと夏休み前・・・。
いつもながら遅いですが、これもしょうがないです。





ところで、このテスト。
数学などはつまずきやすい問題が出題されています。


前にも記しましたが、岡山県教育委員会のHPにアップされています。

学習到達度確認テスト。


塾に行かなくても、親子で十分に出来ますね。
もとより、ご両親に時間がある、とうい前提ですが・・・・。



今日も成長ある1日でありますように。