So-net無料ブログ作成

選択肢はたくさんある。 [思い]

こんにちは。







ヒーローズおかやまです。





ここ数日、有難いことに新しく入塾してくださる生徒さんが続いています。
責任を痛感する日々です。


いろいろなお話しを聞くと学校へ行っていない時期がある生徒さんもいらっしゃいます。

いわゆる【不登校】。






私の幼少期、実の妹も高校生の時に不登校でした。
さすがに高校生ですから、義務教育ではないので先生が自宅に来る、ということはなかったと記憶しています。




昨今は中学生の場合は先生が自宅に訪問され、「来い、来い、」促すそうです。










誤解を恐れずに記せば、まあ、学校の先生でも精神的に参ってしまい長期欠勤もある世の中ですから生徒さんも不登校があっても割合的におかしくはないです。


学校に行けないのならせめて塾ででも勉強してほしい・・・という声が聞こえてくるような気がします。






ほぼ、人間関係のトラブルだと思いますが、学校が全てではない、ということです。
学校しか選択肢がないと考えると危険です。

案外、保護者の方もそう思い込んでいるのかもしれません。




不登校の専門家ではありませんが、行ける状態なるまでそっとしてあげる。
で、塾で頑張ろう!と現に頑張ってる生徒さんがいます。


4月の岡山県模試、数学だけですが塾順位では中の下。
さらに、頑張りそうです。





今日も成長ある1日でありますように。












nice!(0)  コメント(0)