So-net無料ブログ作成

入試は登山。 [思い]

こんにちは。







ヒーローズおかやまです。






先週から中3生は学校の担任の先生と3者の進路面談。
評点を教えてもらい、生徒さんが志望している学校に受かるか?受からないか?

簡単に言うと先生の回答は2つしかない。

「今のままで頑張れば、いい。❍❍高校ですね。」
「今の状態では❍❍高校は難しい。❍❍ならば❍❍高校にすれば?」


志望校。
行きたい高校と行ける高校で線引きをされる。
そんな感じです。





高校入試は生徒さんにとって、多感なこの時期に人間性の成長という側面もあります。

壁に向かってどう立ち振る舞うか?

親御さんの立場としては見守るしかないでしょう。





ある先生がお話しをされていました。

入試は登山である。
山には尾根があり、生徒さんは緊張を強いられる稜線を歩いて登っているイメージ。

親御さんはベースキャンプで連絡を待ち、けっして動けない。

親御さんもいっしょに山には登ると双方が共倒れになる。







さすがにこの時期になると【山】に登っていない生徒さんはいない。

しかし出遅れて、ベースキャンプにも到着していない生徒さんがいるもの事実。

ベースキャンプから天候の時期を見ながら、何度も何度も登頂を試みる。
これが入試です。



今日も成長ある1日でありますように。












nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。