So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

言葉を文字にすることの威力。 [思い]

こんにちは。







ヒーローズおかやまです。







今日は月末。
午前中からお取引先への支払やら、9月の決算やらで数字とにらめっこでした。
明日からはもう11月です。
ハローウインが終わると入試シーズン到来です。







「文字にして書くことの威力」


【今日は体調が悪いのでお休みさせてください・・・】と学生講師の先生からメールがたまにあります。
こういう場合は返信しません。


【成績があがらないんです。どうなっているんですか!】
これはあくまで一例ですが、クレームのメール。
こういう場合も返信しません。





全て文字にする言葉の威力だと思います。



前者は当日欠勤などはプロとして恥ずかしいことですから、あらゆる方に迷惑をかけます。
それを一方的にメールで済まし、これで報告済みという講師の先生も過去にいました。


本来は電話でしょう。


後者のほうも、おそらくお勤めの方のご経験のある方ならばすぐに事実関係を確認し、まずは電話でしょう。





文字にすると強烈な威力(パワー)が加わります。
また、その時の状況(感情も含めて)受け取り方の強弱が変わります。
一方通行なので落としどころも分かりません。




学習の場合は反対です。
まずは文字として残す。

そして強烈な威力(パワー)を受け止めてほしい。


今日、中2の数学。
多角形の内角の和。
有名な公式があり180×(n-2)を使う。

なぜ2を引くのか説明をした後の演習。

テキストを見ると六角形180×4。
十角形180×8。
十二角形も180×10。

数学が苦手な生徒さんです。
学習した後にもう公式を簡略化している。

しまいには暗算でやり始めた。


今日はいいが、1週間後はもう180×(n-2)は忘れているはず。




全く公式の正しい型を書かずに演習をしても意味がない。 きちんと書き、強烈な威力を受け止めてほしい。






今日も成長ある1日でありますように。
























nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。