So-net無料ブログ作成

土曜週末のテスト対策補習。 [思い]

こんにちは。







ヒーローズおかやまです。






冬期講習案内発送が終わり、週末の土曜の定期テスト対策を考える。

テスト対策補習ではどれだけ「できる。」かを見る。
いつも言うように「わかる」と「できる。」は全く違います。
授業でわかりやすい授業で成績が上がりました・・・・、などの事実はまずないです。
たまに保護者の方が気を使っていだだいて、卒塾の際にお話しをしてくれますが・・・。

ようは本人。生徒さん自身の努力です。





わかるは知識。
知識は使わないと意味がない。 使うことは演習量です。





よって、通常の授業でもゴールは「できる。」
学力が伸びない生徒さんのゴールは「わかる。」

この差はとても大きいと思います。

キモは普段からの授業でゴール設定を「できる。」に修正してあげること。






指導力のある先生はよくて先生2対生徒さん8。
理想は先生1対生徒さん9。

指導力に乏しい先生は先生5対生徒さん5。
わからせる・・・に必死です。




悩ましいことに先生1対生徒さん9の場合は「あの先生はなにも教えてくれない。」となります。
学力の本質をご存知の保護者の方はそんな不満を言う生徒さん(我が子)に諭すことができます。
高学歴の親の生徒さんは高学歴になるケースは多いです。
これは現実です。

学力の本質をご存知だからです。







だだし、高学歴が幸せになれるかは別問題。




土曜のテスト補習で我々が必死に教えてるようではダメ。
十分に知識を使えるようになって参加をしてほしいものです。

今日も成長ある1日でありますように。























nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。