So-net無料ブログ作成

型を作る。 [思い]

こんにちは。








ヒーローズおかやまです。







本日は庭瀬校・茶屋町校での中学生志望校特訓初日。

茶屋町校にて実業系志望の生徒さんと作文をしました。
国語の配点で最も高いのが課題作文。

よく言う『い・り・た・ま・ご』の法則。
意見・理由・体験(具体例)・まとめ・語句チエックという【型】を作り、宮城県の過去問題に取り組みました。
何事も型をしっかり作ってから問題に取り組まないとだだ、解いているだけ・・・・。
型をしっかり知る。
そして体感してもらう。


添削してやり直しをさせる。
1発OKの生徒さん1人。
3回やり直しの生徒さんがほぼ多数。


苦痛に満ちた表情で机にむかっていた生徒さんもいました。

説明文も、筆者が意見を書き、理由があり具体例がある。





国語読解の勉強法は『なぜ、そういう答えになるのか?』徹底的に考えること。 話し合ってもいい。
根拠が必ず文章中に書かれている。

その文章からどういうことで正答になるのか?
この道筋が数学でいう「途中式」になります。

国語読解の途中式はすべて生徒さんの頭の中。
だから、なぜの根拠を聞かないと単に問題集を解いて答えの〇×をしてもあまり意味がないと思います。





今日も成長ある1日でありますように。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。