So-net無料ブログ作成

全体を見て細部を知る。 [思い]

こんにちは。








ヒーローズおかやまです。





今日も茶屋町~妹尾〜庭瀬と慌ただしい1日でした。
中学受験。
本日は理科です。





学習も全部のことをある程度知っていたほうが実はわかりやすい・・・ってことがたくさんあります。 とくに理科や社会(歴史)で顕著です。



理科では天気を学習しますが、頻出に朝露があれば晴れ。
朝霜なら雨などの言葉があります。



なぜか?

これが適性検査です。







ここでは飽和水蒸気量を学習していると理解がしやすい。
なぜ、露となって水が出てくるのか?


気温によって空気が取り込める水分には限界がある、ということを知っていると、朝、放射冷却により気温が下がり気味。
気温が下がると空気が取り込める水分の量は少なくなります。
よって、露になって水分が発生する。


仮に飽和水蒸気量を知らないとほぼ暗記になってしまいます。






全体を見て細部を知る。






そんな学習が塾の醍醐味です。






今日も成長ある1日でありますように。








nice!(0)  コメント(0)