So-net無料ブログ作成

家庭での会話。 [思い]

こんにちは。







ヒーローズおかやまです。





8月に入り中高一貫校もそろそろ夏休み。
本日、中高一貫校の生徒さんが、夏に国語を克服したいとうい申し出。

国語が苦手な生徒さんは圧倒的に語彙が少ないように思います。
語彙が少ないということは聞く力も総じて弱いです。





では、語彙はどこで仕入れるのか?
どこで聞くのか?


学校と家庭しかありません。





ボキャブラリー貧困家庭が学力を壊す、
という言葉があります。


「ごはん!」「寝ろ!」・・・とういたぐいです。




とくに小学生のご家庭では日常の会話でふんだんに「気持ち」を表すような会話してほしいと思います。



「毎日、暑いから疲れるわ。」ではなく「毎日、暑いから辛いわ。」

”疲れる”という形容詞ではなく、その気持ちを会話に入れていく。

「毎日、暑いからサウナにいるようだわ。」

なんていうとさらに語彙が広がります。









夏休みは家庭での滞在時間が増えます。





子供との会話を楽しんでほしいと思います。




今日も成長ある1日でありますように。
















nice!(0)  コメント(0)