So-net無料ブログ作成

学校教育の目的。 [思い]

こんにちは。







ヒーローズおかやまです。





毎週火曜木曜は中学受験の生徒さんたちと3時間ずつ時間を共にしています。
今日はその真ん中の水曜日。

課題のチエツクや模試の採点にいつも時間との戦い。


とくに模試の採点は不謹慎かもしれないですが面白い。
生徒さんの思考がよくわかるから。

とくに作文などには顕著に表れます。




文科省は学力の3要素として「思考力」「判断力」「表現力」と定義しています。

作文は思考や判断をどういう過程で経たのかを表現する集大成。

まさに学力の極み。







学校教育は、そもそも生徒さんたちに学力をつけることだけを保証するものではありません。
そういった観点からは塾はむしろ学力を付けるほうに比重を置きます。


言いかえると、学校は学力をつけることよりも、生徒さんたちが自分自身の課題に真面目に向き合い解決しようと努力させる。
そちらに比重を置くべきたと個人的には思っています。





中学受験の生徒さんたちを見ていると本当にそう思います。

彼らは学校教育で真面目に真摯に取り組むことをすでに身につけています。
だから、塾でも与えていく課題をもくもくとこなします。






今日も成長ある1日でありますように。


nice!(0)  コメント(0)