So-net無料ブログ作成

経験は常識を壊す。 [思い]

こんにちは。






ヒーローズおかやまです。







本日、授業で昨年度の模試を1コマ使って解かせました。
おそろしいことに、みんなきれいに第1問からとりかかっていました。

全体をみて出来そうなところから取り組む。
最初の1問目が一番、難度の高い問題だったらどうするのだろう。



今度、数学で計算問題を最後に、図形の証明を最初に。
こんなレイアウトのテストを作問してみようと思う。



最初の1問から解く・・・?。
試験は制限時間内でとれだけの得点を稼げるのか?


まさに「常識を疑え!」です。







毎日・・・車で通勤しています。


これも、まさに常識を疑え!


例えば、自動車学校で学習する”キープレフト”。
車の運転は中央線をライト(右)とすると極力、左寄りを走行する。

そう教わりましたが、現実は左側のほうが危ないことが多い。
夜間などはヒトが歩いていると見えない。
危うく人身事故になりそうなこともありました。


”車間距離を十分にとりなさい。”
こう教わりましたが、現実は十分にとるほうが危ないことが多い。

車列に車が入ってきたりすることがある。


こういったことは運転の経験がモノをいう。



試験も幾度が模試を受験し、実際の時間配分を経験してみる。
何問目から取りかかるのか?

経験です。



今日も成長ある1日でありますように。









nice!(0)  コメント(0)