So-net無料ブログ作成

分かった・・・? [思い]

こんにちは。







ヒーローズおかやまです。







今日は水曜自学自習ゼミの日。
妹尾校中3生はわずか2名の参加ですが、その分密度の濃い内容で集中してやり込んでいました。




試験は出力。
いくら授業コマで「わかった。わかった。」を連発しても試験(テスト)では成果が出ません。
授業コマは入力だからです。

入力だけで成果がでる生徒さんは上位20%だけでしょう。
大多数は出力の練習が必要です。

それが弊塾では日々の宿題であったり、試験前の土曜補習であったりします。




歴史上の人物で毛利元就の息子で小早川隆景という武将がいました。
その隆景が「すくに分かったという人間に分かったためしがない。」という言葉を残しています。


上から命じられたことを「分かりました。」とただ言うだけの部下はやっぱりダメなのでしょう。
命令には理不尽なのものもあり、力のある部下ならきちんと聞き返して合意しながら進めます。



勉強も同じですぐに「分かった。」という言葉は全く信用していません。



入力の段階でわかっても出力の段階でわかった状態を表現できるか?です。
これが「できる。」ということですね。


自学自習ゼミではそれを目指しています。




今日も成長ある1日でありますように。






nice!(0)  コメント(0)