So-net無料ブログ作成

私立高校合格おめでとう! [思い]

こんにちは。







ヒーローズおかやまです。





本日は私立高校Ⅰ期の合格発表の日。
ボーダーの専願の生徒さんいはついついフライング。
こちらから電話をしてしまいました。



みなさん、合格でした。
特待生狙いの生徒さんも合格。

よかったです。





私立高校と公立高校・・・・。
どちらがいいのか?とよく聞かれます。

いいか?というのはどう意味ですか?と聞き返すことが多いですが・・・・。
おそらく、生徒さんに合う、合わないのか?だと。




ざっくり言うと公立高校は公立中学と同じ。
私立高校は面倒見がいいでしょう。

学校の規模(生徒数)にも違います。
当然に生徒数が多ければそれだけ教員の人数も必要であらゆるニーズに多様化するために様々なコースを設定して「面倒見」の度数を上げているいます。


あとは学費。
授業料にて補助金が支給されたとしても、施設費や旅行の積み立て、学生服代、同窓会代などの名目で加算されると公立高校のほぼ3倍くらいではないでしょうか。


ただし、県の摸試などで7割程度を採れる生徒さんは私立高校専願受験でも特待生など狙えるかもしれません。
そうなると授業料は実質減額、あるいはゼロ円。
優秀な生徒さんは私立高校狙いも合理性があるわけです。

今では都市圏では県に公立トップに並んで私立高校のほうが偏差値が高い所以です。





また大学進学という進路があるのなら指定校枠がある私立高校も選択肢となるでしょう。
今年は昨年より、私立専願者が減りましたが、教育理念が共感でき、環境がいいのなら私立高校もお勧めします。



今日も成長ある1日でありますように。











nice!(0)  コメント(0)