So-net無料ブログ作成

中3摸試返却面談。 [思い]

こんにちは。






ヒーローズおかやまです。





本日は茶屋町校で中3面談。
4月に受験した摸試の返却です。
それをもとに1学期どうするのか?



この時期は判定は気にしない。
第1志望校の合格判定は”E"か”D”。
この時期ですから”A”や”B"であればもっと「上」を目指せとなります。
判定より内容です。
答案用紙をみてその出来栄えを見る。




ある生徒さんは国語がほぼ余白。
国語の授業コマの提案となる。
数学は偏差値が42、志望校合格ライン。
他の科目が数学の出来を下げている。
理科・社会の提案となる。
あるいは現状のままの生徒さんもいる。






本日5件。
うち3人はまた4月に続き6月の摸試も受験します。
ぜひ、6月摸試前には本日、返却の摸試の見直しをして次に挑んでほしい。
おそらく、今回の摸試はほぼ“素”の状態で受験しているはず。



摸試は準備期間も含めての摸試。
どれくらいから準備(試験勉強)すれば結果がでるのか?これも摸試としてのお試しです。




例えば、6月8日の摸試。
1週間前から数学の計算だけを徹底してやる、ならば10問全て満点であると仮説をたてましょう。

そうやってPDCAサイクルを回してみる。

成果はいかに?
準備をすればどう結果に反映するのか?




今日も成長ある1日でありますように。


nice!(0)  コメント(0)